貧乏トラベラーの節約旅行術

LCCや格安航空券など安く旅する方法や情報をつらつらと

格安航空会社(LCC)で有料の機内食を無料でも食べない9つの理由

格安航空会社では機内食は付いていません。食べるには別料金が必要です。

貧乏トラベラーのみなさん、お金払って食べてますか?

僕は絶対に食べません。仮に無料だとしても食べないです。その理由を書いてみます。

LCC機内食は割高

航空会社やメニューによって値段が異なりますが、だいたい700~1,000円くらいです。

春秋航空は500円台からありますが、チェジュ航空とか2,000円くらいのメニューもあります。

問題はその中身でして、アルミの容器にご飯が入って、その上におかずを乗っけたどんぶり飯みたいなのがほとんどですよね。

セブンイレブンの498円の弁当と比べると、トンデモなく割高に感じるのです。(すいません、貧乏人感覚で。笑)

節約するためにLCCに乗るのに割高な機内食を食べるのって、どうにも矛盾している気が。

美味しくない

僕はLCCでは機内食を食べたことがないので、普通の航空会社のエコノミーの機内食についてですが。

美味しいですか?

ご飯が上手に炊けてなかったり、おかずの味付けが微妙だったり、デザートのケーキが殺す気かい?ってほど甘かったり。

ぶっちゃけ、ガストやサイゼリヤのワンコインランチのほうが美味いと思うんです。

メニューに無理がある

これも主に普通の航空会社の場合ですが。

なんでパンが付いてくるの?

みなさん、家で食事する時に米と一緒にパン食べますか?食わんよね。

f:id:RJFF:20170505171040j:plain

しかも日本発着便でけっこうあるのが、ご飯+パン+そば。

主食3つも食わせてどうするんですか?笑

メニューの選択肢が少ない

どのLCC機内食のメニューは、多くても10品くらいしかないですよね。

普通の航空会社のエコノミーだと、肉か魚の二者択一です。選択肢が少なすぎる。

そんなLCC機内食に700円とか1,000円とか払うくらいなら、ファミレスで食べるほうがよっぽど選べるのではないでしょうか。

食事の量が少ない

ダイエット中の女性とか、人生が下り坂に入った40代以上のおっさん、おばちゃんは別として。

機内食って量がやけに少ないと思いませんか?20代の人とかあれでお腹いっぱいにならないでしょ?

なのに1,000円前後もするなんて、どう考えてもコスパ悪すぎです。

お味噌汁がない

はい、むっちゃ個人的な不平不満です。

和食系メニューには味噌汁必須でしょ?でも付いてないもんね、LCC機内食に味噌汁は。それどころか、セットの飲み物がオレンジジュースだったりする。

味噌汁が付いてないって時点で、LCCの和食系メニューは問題外の外です。

機内食を食べる時間を選べない

これです、これ。昼前に到着する便だと到着する直前くらいに食べたいじゃないですか。でも、離陸して水平飛行に入ったらすぐに持って来られてしまいます。

昼前に到着する2時間のフライトだと、10時頃に機内食が手元に配られる。

まさかそのまま昼前まで置いておくわけにもいかず、結局すぐに食べるしかない。

食べる時間を選べないってのは、やっぱりイヤですよね。

狭苦しい場所で食べないといけない

ご存知の通り、LCCの座席の前後間隔って狭いです。

僕、イヤなんですよ。狭苦しいところでメシ食わされるのって。

前の座席がすぐ目の前にあるし、隣の人と肘が当たりそうになるし、そんな窮屈なところで物を食べても美味しくない。

そんな機内食に800円も出すくらいなら、ファミレスのゆったりした座席で食べるほうがまだ良いです。

食器をすぐに下げられない

一番困るのがこれです。食べ終わっても食器をすぐに下げることができない。CAさんが回収に来るまで待ってないといけない。

僕は飛行機の中ではずっとパソコンを広げて作業してます。なので、食べ終わったらすぐにパソコンを広げたい。

隣の席が空いてれば、隣の席のテーブルに乗っけますが、そうでなければCAさんが来るまでボーッと待つしかない。これがイヤなんです。時間のムダ!

着いてから地上で食べる

以上、僕がLCC機内食を食べない理由を並べてみました。

割高で大して美味しくないし、メニューも少ない。食べる時間も選べないし、狭いところで食べさせられて、すぐに食器を下げられない。

なので僕は最近、普通の航空会社でも機内食を食べないことのほうが多くなりました。飛ぶ前か着いたあとで飲食店で食べるようにしています。

ただ、楽しい旅の一場面という面もありますよね。

友だちと一緒に機内で食べるとか、食べた機内食SNSにアップするとか。

そういう旅の楽しみの一つという捉え方であれば、機内食を食べるのもアリだと思います。

それではみなさん、良い旅を!